スタテン島フェリーで見に行く自由の女神


マンハッタンの最南端にあるバッテリーパークのホワイトホール・フェリー・ターミナルから(Whitehall ferry terminal )出航しているスタテン島フェリーに乗って、途中で見える自由の女神を見に行くクルーズはメトロカードが使える格安の観光ルートだと思います。 

フェリーがスタテン島に到着したら必ず1度はフェリーから降りて別のフェリーに乗り換えます。その時にメトロカードを使って帰りのフェリーに乗ります。

マンハッタン側のフェリーターミナル

マンハッタンのターミナルへは地下鉄1番、4番、5番、 J、Z とRに乗って行きます。1番線が到着するSouth Ferry 駅は最もターミナルから近いので分かりやすいです。 

下車するサウスフェリー駅のプラットホームが短いため車両6番目以降は下車出来ないので、マンハッタン内から1番に乗って来る場合は前方5車両に乗って下さいませ。ブルックリから来る場合はその逆になります。

スタテン島フェリーは24時間/週7日間運行しています。平日の午前6時〜午前9時30分、午後3時30分〜午後8時の間は頻繁にフェリーがスタテン島とマンハッタンを行き来しています。(15分または20分ごと)これ以外の時間は、30分または60分の運行となります。


週末は土曜日の午前6時から午後7時まで、日曜日の午前9時から午後7時まで30分ごとに運行中。 

マンハッタンのターミナルからフェリーが離れて行く景色は絶景だと思います。 フェリーはゆっくりマンハッタンを離れて行きます、その風景がおすすめの1つですので、お見逃しなく! そしてフェリーが出発してから約15分位すると右側に自由の女神をが見えて来ます。

せっかくの自由の女神を見るのだし、写真を撮りたいですよね、マンハッタンから乗船の時に右側に座る事や甲板右側で自由の女神が見えるのを待ち構えて下さい。笑


フェリーはスタテン島とマンハッタンを24時間往復しているので夏の期間は夕暮れや夜にフェリーに乗るとマンハッタンの夜景を甲板から見れます。 冬は寒いので夏の季節がおすすめです。  

フェリーの時刻表はこちらをご覧ください。
http://www.nyc.gov/html/ferrybus


フェリーから自由の女神を見る場合は距離があって自由の女神は上の写真の様な雰囲気で見えます。 もっと近くで自由の女神を見たいと思ったらサークルラインと言う名の観光フェリーがあるのでそちらのフェリーが良いかもしれません。 

ただ今回のスタテン島フェリーで自由の女神を見に行く方法は、メトロカード1回分で楽しめて、お金を沢山使わなくても楽しめるニューヨークの観光の1つです。

グーグルマップ




Powered by Blogger.